青梅商工会議所監修!東京・青梅のお土産「いいもの」通販サイト

Cart:

0 点 - ¥0
カートの中には何もありません。

0

健康番組でも人気の「柿酢」と地産地消の取り組みにメディアが注目!
タマ食品


タマ食品とは?

タマ食品は、奥多摩の山々を背景に清らかな多摩川が流れる東京都青梅市で、昭和13年より四季折々の農産物を使用した漬物を製造している会社です。現在では、熟成漬物や浅漬けの製造のほか、平成26年8月に醸造免許を取得し、東京都で生産された農作物を使った静置法による醸造酢やドレッシングの製造も手がけております。

メディアが注目したポイント①

美容・健康効果で注目の柿酢

地元で人気のご当地商品

ミネラルが豊富で、タンニンやポリフェノールも多い柿酢。健康番組でもおなじみの、その名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?タマ食品の柿酢の原料は柿のみ。静置発酵という、自然の力を借りた昔ながらの方法で作ります。番組では、水や焼酎で割る飲み方のほか、アイスクリームにかけて食べる方法も紹介されました。

参考:TCN(多摩ケーブルネットワーク) CATV055チャンネル「タマ食品の柿酢」
http://t-net.easymyweb.jp/member/marukajiri/default.asp?c_id=38512

メディアが注目したポイント②

「東京都産食品」の商品開発

地元で人気のご当地商品

都内で収穫した農産品を原料に、都内で製造した「東京都産食品」。タマ食品の「東京都産食品」の商品開発の取り組みがSankeiBiz【ビジネスのつぼ】に取り上げられました。消費者の安心安全・健康に対する意識が高まる中、国産の食材・食品を求めるニーズも高まっています。そこで、自社農地で収穫された野菜や都内の農家から取り寄せた野菜を使用し、それらを加工した製品の商品化を実施。漬物にとどまらず、醸造酢や調味料などにも展開しています。

参考:SankeiBiz【ビジネスのつぼ】タマ食品「東京都産食品」 東京産野菜で安心・安全な商品を
http://www.sankeibiz.jp/business/news/161205/bsd1612050500003-n1.htm

まだまだある!タマ食品の魅力①

野菜の栽培から加工・販売まで一貫で行っています

タマ食品の特徴は、何と言っても自社農場で野菜を栽培し、加工も自社で行っているところ。野菜の生産から漬物製造・販売まで一貫して行うビジネスモデルを持っている企業は、都内でも希少です。

まだまだある!タマ食品の魅力②

新規就農者を育てて良い協力関係を生み出しています

東京都の「新規就農者確保事業」(青年就農給付金事業)により、自社の農地を貸し出し、新規就農者の指導にもあたっています。規格品は市場に出し、規格外の産品を加工用に買い取るなど、お互いにメリットのある協力体制を組んでいます。

まだまだある!タマ食品の魅力③

都内で唯一の柿酢の醸造を行うメーカーです

2014年にもろみ醸造免許を取得。都内で唯一、柿酢の醸造を行うメーカーとなりました。代表作の柿酢はもちろん、トマト酢など個性的な醸造酢の開発も行っています。

タマ食品の商品はこちら!